ライターブログトップへ

“刀剣女子”集まる!! 『刀剣のかがやき 刀装具のいろどり』@黒川古文化研究所

“刀剣女子”集まる!! 『刀剣のかがやき 刀装具のいろどり』@黒川古文化研究所

今までこんなことはなかったのです。苦楽園からの送迎バスが若い女子でいっぱいになることは。

しかし、嘗てこのような経験をしたことを思い出しました。京博の「名品ギャラリー」で刀剣がずらりと並んだ折に若い女性たちが大挙押し寄せ列をなして鈍く光る刀剣にみいっていました。どうも「刀剣乱舞」という漫画の影響だそうです。

私自身、「国宝展」に行っても1階の金工展示室の「刀剣類」は「ふぅん」な感じでほぼ素通り状態です。観ても、キャプション読んでも名称も用語も分らない、ただ鈍く光っている刀剣なのです。私が唯一印象に残っている刀剣が『戦国時代展』で目にした《短刀 銘 吉光 号 五虎退》刀剣がというよりも「謙信が2度目の上洛の折に正親町天皇から拝領したと伝えられている。」という伝来に興味を持ったからです。

私が出かけた日は、尼崎の「本興寺」が虫干会と称して「大宝物展」に《数珠丸恒次》なる刀剣を展示され、そのままの流れで黒川さんへ多くの刀剣女子が来館されたようです。

今回は、解説を読んで「刀剣」と向き合ってみることしました。

まず、解説に「刀剣」の善し悪しは、本来武器としての実用性にあったはずが、見た目の美しさや伝来など歴史的価値が重視されるようになったとありました。

「戦い」の手法から、馬上で抜きやすいように「腰に吊るす」から「腰に差す」へと変わり、刀剣の形も変わっていったようです。陶磁器なんぞと同じように作られる土地や刀工、刀鍛冶によって特徴が備わっているようでした。刀剣の作者名がそのまま「銘」となって有名な刀剣には刻み込まれています。それが「國光」やら「吉光」やらです。

刀剣の本来の鑑賞は、刃先やと呼ばれる雲の模様のようなものや反りなどを見るのでしょう。その鑑賞ポイントはよくわかりかねますので、やはり伝来などに興味を持ってしまいました。刀剣の伝来は、戦での「褒賞」として与えられたいきさつなども伝えています。展示に際して行われた「伝来調査」で江戸時代の所有者が判明した水戸藩徳川家や大和郡山藩柳沢家などの刀剣も展示されていました。

今回の展観のタイトルとなっている《名物 鳥飼来国次 (稲葉家伝来 短刀 銘 國次) は、もともと室町末の書家「鳥飼宗慶」なる人が所持していた短刀で、それが息子与兵衛⇒豊臣秀次⇒秀吉⇒宇喜多秀家が所持しましたが、関ケ原の戦いで家康に渡り⇒頼宣⇒秀忠⇒加賀藩前田利常まで伝わり、稲葉家が拝領し、山城淀藩主稲葉家に伝来ました。稲葉正勝の母は春日局であることも注目です。今回は、この短刀が黒川古文化研究所に寄贈されたお披露目の展観となっています。同じく稲葉家伝来の《名物 脇指 籠手切郷 とは100年ぶりの再会となったそうです。

大正期にはかつての大名家で多くのものが売立に出されたようです『稲葉家伝来 短刀 銘 國次(名物鳥飼國次)』も大正7年に売り立てに出て6390円也の値が付きました。刀剣の鑑定を引き受けていたのが「本阿弥光悦」が出た「本阿弥家」です。その鑑定書が「折紙」です。「折紙」が付いているとは確かな鑑定書が付いているということで、それが現在に至っても「折り紙付き」という言葉に繋がっていてとても面白い。

刀剣の価値は、大判の枚数で表しています。「伏見貞宗」付属の「折紙」には「代金子参百枚」とあり、3000両だったと分かるそうです。明治期の本阿弥琳雅という人物が本阿弥家に残る台帳の写しを発行して伝来した刀剣が保証されたそうです。これもとても興味深いエピソードです。

「拵」(こしらえ)とは、刀剣の外装、刀身を入れるものの総称です。《芦雁図鐔 銘 山城国伏見金家》、《菖蒲に菊図透鐔 銘 長州萩住友勝作》、赤胴製の《鈴虫文三所 銘 後藤顕乗(花押)》などなど「拵」も所持する人を表すものとみられ、武を直接連想されるものは野暮で、武とは対極の趣があるもの、文芸に通じ文雅の心を通わせるもの善いとみなされたそうで、凝りに凝った「拵」が作られています。刀剣と共に武士のダンディズムというところでしょうか。刀剣や刀装具に携わっていた人たちが、明治期の超絶技巧工芸へと繋がります。

刀剣女子たちは、私語少なく単眼鏡で熱心に鈍い光を放つ刀剣を眺めておられました。

出品リストに刀剣部分の名称が図解されているのはありがたかったです。重文などの指定の有無、名称、作者、時代の他、長さや重さ、収蔵番号まで記載され、こちらも丁寧なリストになっています。

確かに至れり尽くせりの黒川古文化研究所です。本来は高級住宅街の中の静かな研究所です。単眼鏡は受付で無料で貸して頂け、展示室横の豪華な休憩スペースにはフリードリンクが用意され、テラスに出れば大阪湾が一望の絶景、土日祝は苦楽園口へ無料送迎バスを運行、それで入館料はワンコイン500円です。

黒川さん側も今回多くの刀剣女子の来館に驚きと戸惑いがあるようでした。次の展観にも来ていただけると嬉しいですがとの謙虚なお言葉です。

お天気のいい日は、帰りは苦楽園から桜名所夙川沿いを阪急夙川まで散策がお勧めです。




【開催概要】名物「鳥飼来国次」受贈記念 刀剣のかがやき 刀装具のいろどり
・開催場所:黒川古文化研究所 HPhttp://www.kurokawa-institute.or.jp/
・会  期:20171014~1126
・休 日:月曜日
・黒川古文化研究所 facebookは⇒コチラから
 
【参考】ネットで捜してみるとあるものですね。「銀座長州屋」さんのHPから
・「日本刀各部の名称」は⇒コチラから
・「日本刀剣用語集」は⇒コチラから

licoluise の紹介

ARTが好きなのか?美術館に行くのが好きなのかしら? 行きかけると拍車がかかって、前のめりになっている今日この頃かもしれません。 「知らない」「???」が増えるばかりです。
カテゴリー: +展覧会   タグ: , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
この記事を書いているのは
licoluise

licoluise

MUSEUMコンシェルジュになりたいが、ARTには全くの素人。山間部育ち、専攻は「東洋史」、ただただ美術館へお出かけするのが大好きな私が、阪神間の美術展、アート関連施設やアートイベントなどについてアートへの思いを綴ります。つたない文章ですが、読んでくださる方々が、お出かけしてみようかなと思ってくださるきっかけになればと思っております。

コメントは受け付けていません。