ライターブログトップへ

木×仏像ー飛鳥仏から円空へ 大阪市立美術館で開催中

木×仏像ー飛鳥仏から円空へ 大阪市立美術館で開催中

奈良では快慶展、秋には東京で慶運展。今年は仏像ファンには嬉しい年かもしれないです。そして今、大阪市立美術館では「木×仏像 -飛鳥仏から円空へ」が開催されています。



(仏像をみると言っても、彫刻としていいな~と観ている私なので、単純な感想になってしまいますが、ご了承ください。)

入って2つ目に現れた仏像『木造 菩薩立像』(東京国立博物館所蔵)、彼にいきなりワッ!となりました。まさに今でいうゆるキャラ。飛鳥時代の像ですが、頭でっかちで、胴体がロボットっぽいというか。土偶を木で作りました、みたいな印象です。土で作っていたものを木で作り、それが宗教と結びついて仏像という形になっていたのでしょうか。土から木へ変わっていった経緯は何がきっかけなんだろう、そんなことを思ってしまいます。それにしてもこの顔。かわいい。写真はここで→

そんな軽い気持ちを封じ込めたのは、『試みの大仏』。奈良の大仏の試作品として作られたとも言われているのですが、見入ってしまう厳かな空気。繊細な指先に、思わず撫でてしまいたくなる背中。そして表情がすばらしい。そのものにも魅力はありますが、それプラス、大仏を試作していたかもという歴史にも驚きます。

進んでいくと、ポスターにもなっている『宝誌和尚立像』との対面です。顔が縦にさけ、中から十一面観音が出てきています。絵師が中国の宝誌和尚を描いていると、和尚の顔が割れて・・・。これには一体どういう教えがあるのか。。。。これを観て、勝手に、水戸光圀公の、いい人と思っていたら、ホントはお殿様だった、つまり人は外見だけで判断できないってこと?と思ったりしていましたが、それでは、なんの教えにもなんないですよね。浅はかすぎて困ってしまいます。

あるサイトでは、『人は誰しも心の中に仏がやどり、生きたまま仏となる』ということを伝えていると書かれていました。なるほど。難しいこと抜きで、一度は実際にみてほしいです。

他にもお顔のよい仏像、眼を見開いている像など、とても楽しく、また解説も詳しく優しい展示です。仏像たちも、現代に近づくにつれ、プロポーションよくなっていくのも面白い現象です。

彫刻として楽しむ反面、火事の時に、真っ先に僧たちが救出された仏像や、災いを鎮めるよう、池に沈められた仏像など、それぞれが持つ歴史には、そのあたりで暮らしていた人たちの想いと結びついていることを実感しました。それは今も変わりません。一体一体にお辞儀をしながら、鑑賞している年配の方をみて、同じような気持ちになりました。

 

仏像の展覧会、と二の足を踏んいる方にも気楽に楽しめると思います。大阪市立美術館は、とても丁寧な解説がいつもされているので、仏像初心者の方もぜひ!

 

 

カワタユカリ の紹介

暑い日はどうしても美術館への足が遠のき気味ですが、入ってしまえば涼しく快適。時には寒いぐらいだったりします。運動とエコということで美術館へのお出かけはおススメです。
カテゴリー: +展覧会   タグ: ,   この投稿のパーマリンク
この記事を書いているのは
カワタユカリ

カワタユカリ

アートマニア目指して日夜勉強中?と、いっても難しいのはやっぱり苦手。気楽に、好きに、楽しみたい!関西だけでなく、日本全国津々浦々アート三昧旅が夢。

コメントは受け付けていません。