ライターブログトップへ

楽しい!! 春休みにお子さんと出かけよう『新宮晋の宇宙船』@兵庫県立美術館

楽しい!! 春休みにお子さんと出かけよう『新宮晋の宇宙船』@兵庫県立美術館

理屈抜きで誰もが楽しめる展覧会です。兵庫県立美術館で開催中の『風と水の彫刻 新宮晋の宇宙船』アーティストトークに参加してきました。

アーティストトークでは、優しいお人柄と、ユーモアに溢れたお話で、新宮さんの絵本ファンの小さなお子さんもお行儀よく参加されていました。お生まれは大阪府豊中市で、神戸から六甲山を越えた三田市にアトリエを構えておられ、地元の作家さん、親近感もわきます。

東京芸術大学では油絵を専攻されましたが、在学中に平面でないものへの興味を持ち、フランスへ多くの人が留学する中、イタリアへ留学されました。イタリアで絵画から立体そして動くものへと興味が移り、以来半世紀以上も動く彫刻を続けてこられ、現在も「飽きることはない」と言い切っておられました。新宮さんの“動く彫刻”は、日本だけにとどまらず、世界各地に160点以上もの作品が設置されています。また、「ウンドサーカス」(1987-90)や「ウインドキャラバン」(2000-2001)として、世界各地を回るプロジェクトを行い、その地でワークショップも行っておいでです。ニュージーランドの無人島、サハラ砂漠かと思えば、フィンランドの北極圏で、モンゴルの大草原の中でなどのプロジェクトの映像を拝見すると、地球各地で「包む」を行っているクリスト&ジャンヌ=クロードのようだと思いました。2014年には、兵庫県有馬富士公園に12点の野外美術館「新宮 風のミュージアム」がオープンし、そこで開催された薪能コンサートの様子も展示場で紹介され、幅広く活躍されていることを知りました。

@県美プレミアム



新宮さんは屋外彫刻を中心として関空など大きな公共施設にも作品を設置されていますが、美術館での作品展はとてもまれなことだそうです。今回の展覧会は長崎横須賀と巡回し、地元神戸が最終展示となっています。各美術館の1/100の模型を作り、共通の作品とそれぞれの美術館独自の作品を考えられたそうです。そこには人の動線も考えて作られたそうです。出品作品は、2016年制作の新作が多くを占めています。生前に展覧会をしたいと思われたそうです。お歳を伺うまでは、とても80歳とは思えない、心も体も創作への瑞々しいエネルギーを感じます。美術館で展覧会をするとはどういうことなのか?箱モノ美術館が存在して、そこに収まる作品としての、美術館、美術展で良いのだろうかとの問題提起もあるような気がしました。与えられたホワイトキューブでなく、アーティストの側から展示空間というものを考えたとお話されました。

模型



アーティストトークのテーマも「この星に生まれて」でした。お話も「この美しい地球に生まれて」で始まりました。この展覧会のタイトルは「宇宙船」です。壁、床を使わずにスペースを作る、そのスペースの中で作品が浮遊しているような、浮遊空間を味わってほしい、「無重力を考えた作品」だそうです。落ちてくる水を受けて、作品が動き水が下にこぼれる流れは、ある種「鹿威し」?

野外の天候の変化に晒された動く彫刻である限り、メンテナンスが大変なはず。新宮さんは、作品のメンテナンスはどの様になさっているのだろうか?長く動き続けてほしいと願っておられるはずで、質問の時間が限られて伺えなかったことが残念です。

自然の力、風や水を受けて動く彫刻は、展示場内では照明が当たり、影が出来、その影も動いて不思議な空間が出来ています。水が当たる音、落ちる音、野外なら風が吹く音、彫刻の面に風や雨や雪が当たる音、彫刻が動く時に出る音と様々な音も創り出しています。

新宮さんの作品は自然と深くかかわっています。故に自然環境への思いも人一倍深いと感じました。自然の力で動く作品を作り続けてこられて、地球環境が大きく変化してきたことを身をもって感じておられるのかもしれません。2009年からは風力や太陽光の自然エネルギーだけで自立する村「ブリージング・アース」のプロジェクトにも取り組んでおられます。その映画の上映会も開催されます。

小さなお子さんも見れば楽しいし、理系脳のヒトは物理的に眺めて計算式を頭の中でたてているかもしれません。ダ・ヴィンチが設計図を描いていいた飛行体の様でもありました。

環境にも、人にも優しい、是非「体感」してほしい展覧会です。


【開催概要】
・展覧会HP⇒ コチラ
・会期2017318()57()
・休館日:月曜日、ただし3/20(月・祝)は開館、翌3/21()休館
・開館時間1000-1800(金・土は2000まで)
ただし入場は閉館の30分前まで。

【イベント情報】詳しくは⇒コチラ
☆「未就学児のための鑑賞会「いちごツアー」バギーでの参加もOK!
55日こどもイベント
☆映画上映会「ブリージング・アース 新宮晋の夢」

【参考】
★★新宮晋 風のミュージアムHP⇒
春には、是非ピクニックに出かけたいですね
★★新宮晋HP:http://susumushingu.com/index.html

licoluise の紹介

ARTが好きなのか?美術館に行くのが好きなのかしら? 行きかけると拍車がかかって、前のめりになっている今日この頃かもしれません。 「知らない」「???」が増えるばかりです。
カテゴリー: +キッズ, +展覧会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク
この記事を書いているのは
licoluise

licoluise

MUSEUMコンシェルジュになりたいが、ARTには全くの素人。山間部育ち、専攻は「東洋史」、ただただ美術館へお出かけするのが大好きな私が、阪神間の美術展、アート関連施設やアートイベントなどについてアートへの思いを綴ります。つたない文章ですが、読んでくださる方々が、お出かけしてみようかなと思ってくださるきっかけになればと思っております。

コメントは受け付けていません。