ライターブログトップへ

鉄道芸術祭6 ストラクチャーの冒険 アートエリアB1

鉄道芸術祭6 ストラクチャーの冒険 アートエリアB1

今年最初にいった展覧会は、京阪なにわ橋駅の地下1階コンコースにある「アートエリアB1」で開催中の「ストラクチャーの冒険」です。毎年鉄道芸術祭というタイトルで開催している展覧会で、今回は6回目となるようです。

3組のアーティストが出展されていて、現代美術家「榎忠」、漫画家「五十嵐大介」そして音楽クリエイティブチーム「インビジブル・デザインズ・ラボ」です。

今回はじめてみた「インビジブル・デザインズ・ラボ」の作品。会場にいたスタッフの方が教えてくれたのは、ドコモでCMで起用されたアーティストで、YouTubeの「森の木琴」で検索するとそれが観れるということで、まず、それをここにアップしたいと思います。

動画:森の木琴

この会場では、ピアノがあり、鑑賞者が好きに弾くことができます。その音をキャッチし、3台の木琴が動き、音を奏でるという仕組みなのですが、どうセンサーが動いているのかわからないし、音全てに反応しているわけでもなく。ピアノを弾いていても、木琴は動かないこともあれば、反応してくれる時もあり、なんかもどかしくもあったり、嬉しくなったり、不思議な気持ちにさせてくれます。

音が出る仕組みはアナログなのですが、ピアノを弾いて音がなるシステムはデジタルを利用しているということと、またピアノを弾いても木琴が動かない場合もあり、タイミングが合うとき、またずれが生じているときなど、円滑にいかないコミュニケーションを体感できるという作品です。

動画:作品の動画撮りました

↑画像撮ったのですが、へたくそです。良かったら見てください。

他の2名の作家の作品も、考えさせられる要素あり、見応えあります。今月22日までの開催です。21日(土)は五十嵐大介さんと「見える世界と見えない世界を描く」というタイトルでお話されるようです。

会場も駅のコンコースにあるので、たまに駅員さんのアナウンスが聞こえたりして、それもおもしろいです。ふらっと覗きにいくのも楽しい展覧会です。

 

 

 

カワタユカリ の紹介

今年はすでに山田正亮にやられ、ギュウちゃんのボクシングペインティングと、個性派に魅了されています。さて次は何に心奪われるのでしょう。
カテゴリー: +キッズ, +体験, +展覧会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク
この記事を書いているのは
カワタユカリ

カワタユカリ

アートマニア目指して日夜勉強中?と、いっても難しいのはやっぱり苦手。気楽に、好きに、楽しみたい!関西だけでなく、日本全国津々浦々アート三昧旅が夢。

コメントは受け付けていません。