ライターブログトップへ

心穏やかなる白の造形 特別展「黒田泰蔵」① @大阪市立東洋陶磁美術館 学芸員さんより

ARTファンのみなさま
あけましておめでとうございます!
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

さて、前回、大阪市立東洋陶磁美術館 学芸員さんのブログが好評だったため、今回も、現在会期中の展覧会について書いていただくことになりました!
今は出かけることがなかなか・・・という方も、まずは、ブログをお読みいただき、楽しんでくださいね!

************************************
大阪市立東洋陶磁美術館では、11月21日(土)から特別展「黒田泰蔵」を開催しております。前回の特別展「天目―中国黒釉の美」(http://www.arthajime.com/writers/?p=15417)に続き、本展の見どころをご紹介いたします。



黒田泰蔵さんの白は、真理を求めてやまない心の色である。

これは、建築家の安藤忠雄(1941–)が黒田泰蔵(1946–)の個展に寄せた言葉です。特別展「黒田泰蔵」でご覧いただく作品は、まさに安藤忠雄の言葉のような、静謐な白磁の作品です。白く、薄く、緊張感のある造形で、シンプルなかたちをしています。
一見すると幾何学的でミニマルに思われる造形ですが、実は表面にはろくろ目と研磨された跡が残され、豊かな質感とニュアンスに驚かされます。

今回の展覧会では、黒田泰蔵を代表する白磁作品64点を、イセ文化基金所蔵作品と個人蔵、そして大阪市立東洋陶磁美術館所蔵作品からご紹介いたします。

黒田泰蔵が陶芸を始めたのは、1967年のカナダでのことです。この前の年、働いていたパリのレストランで、後に重要無形文化財保持者(いわゆる人間国宝のこと)に認定される陶芸家の島岡達三(1919–1978)と偶然出会います。島岡に紹介されたカナダの陶芸家ゲータン・ボーダン(Gaétan Beaudin, 1924–2002)のもとで働くうちに、黒田は轆轤(ろくろ)に興味を持ちました。
黒田は、「直接自分の手、指と轆轤を使うことでまるで魔法のように空中に線を引くことができる材料」に魅了されたと言って、轆轤で成形することについて「一度きりの抽象絵画を空中に創出する」ことに例えています。黒田はパリでもカナダでも(もちろん日本でも、途中に立ち寄ったニューヨークでも)、当初は陶芸家を目指していたわけではありません。しかし「魔法のように」という言葉からは、初めて轆轤に向かった時に「これを一生やるかもしれない」と夢中になったという高揚感が、そのまま伝わってくるようです。
黒田が白磁の制作を始めたのは、45歳の頃。それ以来、「轆轤成形、うつわ、単色」という条件を決めて制作に取り組んできました。

 





黒田は1980年に帰国し、伊豆に構える自然豊かな現在のアトリエに移ったのは、ちょうど白磁の制作を始める頃でした。自ら手を入れ続ける建築や庭という、細部にまで作家の美意識が詰まった空間を少しでも感じていただきたく、自然光の入る美術館のロビーでは、アトリエの様子を映像でご紹介しています。上映している映像は、大阪市立東洋陶磁美術館の公式YouTubeチャンネルでもご覧いただくことができます(https://www.youtube.com/watch?v=z8n5-s4OzKo)。これに併せて本展では、2019年に完成した安藤忠雄設計の展示棟「水の展示室」のドローイングも出品されています。



新しい年を迎えましたが、依然として新型コロナウイルス感染症への対策を意識した日々の生活を強いられています。遠方の方で、ご来館を躊躇されている方もいらっしゃるかもしれません。特別展「黒田泰蔵」は、2021年7月25日(日)まで約半年間にわたり開催しておりますので、まずはこうしてウェブ上でブログをお楽しみいただきながら、焦らずにご来館のご予定を立てていただければと思います。

※来館される皆さまへのお願い(http://www.moco.or.jp/whatsnew/newarrival/2198/





宮川智美(大阪市立東洋陶磁美術館学芸員)

************************************
展覧会名:特別展「黒田泰蔵」

会場:大阪市立東洋陶磁美術館

開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)

入館料:一般1,400円(1,200)、高大生700円(600)
( )内は20名以上の団体料金
中学生以下、障がい者手帳などをお持ちの方(介護者1名を含む)、大阪市在住の65歳以上の方は無料(証明書等提示)

会期:令和2年11月21日(土)~令和3年7月25日(日)

休館日:月曜日(1月11日、5月3日を除く)、1月12日、5月6日

同時開催:[特集展]「柿右衛門―Yumeuzurasセレクション」
[コレクション展]安宅コレクション中国陶磁・韓国陶磁、李秉昌コレクション韓国陶磁、日本陶磁、沖正一郎コレクション鼻煙壺、現代陶芸

展覧会URL:http://www.moco.or.jp/exhibition/current/?e=565



新型コロナウイルス感染症の感染予防、拡大防止のため、会期の変更や入場制限等を行う場合があります。最新の情報は館ホームページでご確認ください。
公式HP:
http://www.moco.or.jp/

 

ARTことはじめスタッフ の紹介

ARTことはじめスタッフです!アートライターさんを支えながら、関西のART情報を皆様にお伝え出来ればと思います!
カテゴリー: +展覧会   パーマリンク
この記事を書いているのは
ARTことはじめスタッフ

ARTことはじめスタッフ

大阪を中心にウェブサイト制作、チラシ・カタログ等制作、ロゴ制作を行っているデザイナーです。最近はiPhoneやiPadで絵を描いたりもしています。子供の頃から絵を描くのが好きでしたので街の絵画教室などに通っていました。子供の頃はただ絵を描くのが好きというだけでしたのでアートの専門的な知識や作家名はまだそれほど詳しくはないです。大人になってから少しずつ楽しく学んでいる真っ最中です。絵画だけでなく映画、音楽も大好きです。読者の方に気軽に楽しんでもらえる記事を書いていきたいと思います。よろしくお願い致します。

コメントは受け付けていません。