ライターブログトップへ

溢れんばかりの美術愛をお弁当から・・・・

溢れんばかりの美術愛をお弁当から・・・・

おいしくなさそうなお弁当だこと・・・・。そう思われた方ほとんどでしょう。恥をさらすようで、若干恥ずかしさもあります。が!これをみて、もしや!と思われた方。ありがとうございます。

そうです。これはまさに『モンドリアン』という巨匠の作品を真似というかヒントにしたというか。(何年か前なんですが、こんなことをして遊んでいるときがありました。)

モンドリアンというのはオランダ出身の画家です。抽象画家として知られていますが、初期は


引用:http://www.moma.org/media/W1siZiIsIjE1NDU0NiJdLFsicCIsImNvbnZlcnQiLCItcmVzaXplIDUxMng1MTJcdTAwM2UiXV0.jpg?sha=309b39821ec27eca

このような風景画も描いていました。ですが、やはり彼といえば


引用:http://www.moma.org/media/W1siZiIsIjI5MjUwNiJdLFsicCIsImNvbnZlcnQiLCItcmVzaXplIDUxMng1MTJcdTAwM2UiXV0.jpg?sha=7eab4cd389492783

↑上のような作品を発表しています。ほとんどの人が何らかの形で目にされているはず。これも彼にとってはいわゆる自然界を描いたもの。この世の中を観察すると、すべて縦と横の線に表される、といったようなことを言い、表現していたようです。

あのピエール・カルダンも昔彼の作品をファッションに取り入れたものを発表しています。【モンドリアンルック】と検索すると、このような写真がたくさん出てきて心ウキウキします。


引用:http://images.ciatr.jp/2014/07/ysl_nuki2.jpg

 

 

さて、次は


引用:http://67.media.tumblr.com/tumblr_l9653hZwz01qalq4so2_250.jpg

イタリアの画家『ルチオ・フォンタナ』の作品です。キャンバスに切り込みを入れているのです。キャンバスの向こうにも世界は存在するという意図を表現しています。

そしてそのフォンタナに捧げたお弁当は・・・



ハムの向こうに海苔が見えます。お弁当開けても誰も何も反応ないどころか、なぜ海苔の上にハムなのか?という感じだったことを思い出します。

ついでにもう一丁。

日本の画家にも捧げてみました。



水玉といえばそう草間彌生です。今やユニクロのTシャツになったり、かばんにもデザインされたり。大人気の作家です。

実はまだまだあるのですが、この辺にしておきます・・・。

と、こんな感じでアートを楽しむこともできます。呆れさせてしまった方、失礼しました。が、ぜひ自分なりのアートを楽しみましょう!(苦笑)

カワタユカリ の紹介

芸術の秋、楽しんでいらっしゃいますか。まだまだ展覧会盛りだくさん。寒くなっていく季節ですが、体調に気を付けてください。
カテゴリー: +体験, +創る   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク
この記事を書いているのは
カワタユカリ

カワタユカリ

美術大好き、年齢とは反比例の駆け出し美術ライターです。
現代アートを中心に、読むと行きたくなるような記事を書いていきたいと思っています。
よろしくお願いします。

コメントは受け付けていません。