一日一絵画

アルチンボルド『四大元素:大地』(1566年)

この作品は、昨日ご紹介した、アルチンボルドの『四季:秋』とペアとなる作品です。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | アルチンボルド『四大元素:大地』(1566年) はコメントを受け付けていません。

アルチンボルド『四季:秋』(1573年)

男性をモデルに描かれたこちらの作品は、秋の作物と紅葉した葉によって人物像が形作ら … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | アルチンボルド『四季:秋』(1573年) はコメントを受け付けていません。

アルチンボルド『四大元素:大気』(1566年頃)

アルチンボルドはマクシミリアン2世の元で宮廷肖像画家として迎え入れられましたが、 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | アルチンボルド『四大元素:大気』(1566年頃) はコメントを受け付けていません。

シニャック『フェリックス・フェネオンの肖像』(1890年)

シニャックはジョルジュ・スーラの絵画理論と作品に深く感動し、スーラと同じく、点描 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | シニャック『フェリックス・フェネオンの肖像』(1890年) はコメントを受け付けていません。

ピーテル・ブリューゲル2世(?)『鳥罠のある冬景色』(1615-1620年頃)

あの『バベルの塔』で有名なピーテル・ブリューゲル1世の息子は父親と同姓同名のピー … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | ピーテル・ブリューゲル2世(?)『鳥罠のある冬景色』(1615-1620年頃) はコメントを受け付けていません。

『鳥獣人物戯画』(平安〜鎌倉時代12-13世紀)

この絵巻に描かれたカエルとウサギの相撲のシーンを見たことがある、という人も多いの … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 『鳥獣人物戯画』(平安〜鎌倉時代12-13世紀) はコメントを受け付けていません。

テオドール・シャセリオー『バンクォーの亡霊』(1854−55年)

描かれているのは、シェイクスピアの戯曲『マクベス』の物語。 自らが暗殺したはずの … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | テオドール・シャセリオー『バンクォーの亡霊』(1854−55年) はコメントを受け付けていません。

長谷川等伯『楓図壁貼付』(桃山時代・16世紀)

この壁画は豊臣秀吉の長男、鶴松が3歳という若さで亡くなった際に、その菩提を弔うた … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 長谷川等伯『楓図壁貼付』(桃山時代・16世紀) はコメントを受け付けていません。

雪舟等楊『慧可断臂図(えかだんぴず)』(1496年)

禅宗の始祖である達磨が少林寺で岸壁を前に座禅をしていたところへ、慧可という僧が禅 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 雪舟等楊『慧可断臂図(えかだんぴず)』(1496年) はコメントを受け付けていません。

モーリス・ドニ『魅せられた人々』(1907年)

モーリス・ドニはテーマやモチーフとして何が描かれているか、ということよりも画面の … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | モーリス・ドニ『魅せられた人々』(1907年) はコメントを受け付けていません。