一日一絵画

可翁『竹雀図』(14世紀中頃)

この作品実は日本で最初に描かれた水墨画と言われています。 もともと水墨画は中国か … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 可翁『竹雀図』(14世紀中頃) はコメントを受け付けていません。

ロセッティ『最愛の人』(1865−66年)

1860年代はじめにロンドンへもたらされた日本美術はジャポニスムの流行を生み、ラ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | ロセッティ『最愛の人』(1865−66年) はコメントを受け付けていません。

ファン・ゴッホ『ジャポネズリー』(1887年)

こちらの作品は、歌川広重の『亀戸梅屋鋪』をゴッホが模写したものです。 ゴッホは忠 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | ファン・ゴッホ『ジャポネズリー』(1887年) はコメントを受け付けていません。

岸田劉生『麗子坐像』(1919年)

岸田劉生は十代の頃、黒田清輝のもとで絵を学び、20歳の頃にはゴッホやセザンヌなど … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | 岸田劉生『麗子坐像』(1919年) はコメントを受け付けていません。

フランソワ・ジェラール『アモルとプシュケ』(1798年)

こちらの作品には、古代ローマの文人アプレイウスの『黄金のロバ』という文学作品に登 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | フランソワ・ジェラール『アモルとプシュケ』(1798年) はコメントを受け付けていません。

パルミジャニーノ『凸面鏡の自画像』(1523−24年)

パルマ生まれのパルミジャニーノは、床屋さんで見た凸面鏡を見て、それを使って自画像 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | パルミジャニーノ『凸面鏡の自画像』(1523−24年) はコメントを受け付けていません。

キャスパー・フリードリッヒ『真っ黒な木』(1825年)

キャスパー・フリードリッヒの、幻想的で神秘的な雰囲気に満ちた作風は、同時代の人々 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | キャスパー・フリードリッヒ『真っ黒な木』(1825年) はコメントを受け付けていません。

ブロンズィーノ『エレオノーラ・ディ・トレドと息子の肖像』(1545年頃)

この作品のモデルになっているのは、エレオノーラ・ディ・トレドと彼女の息子です。 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | ブロンズィーノ『エレオノーラ・ディ・トレドと息子の肖像』(1545年頃) はコメントを受け付けていません。

フェルメール『真珠の耳飾りの少女』(1665年頃)

大きな真珠のイヤリングをつけてこちらに視線を投げかける少女を描いたこの作品を一度 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | フェルメール『真珠の耳飾りの少女』(1665年頃) はコメントを受け付けていません。