スマートフォンサイトへ

展覧会を探す
関西の美術館・博物館の展覧会の予定を確認できます。
コトちゃん、ハジメくん

  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
    2018年01月20日(土) ~ 2018年03月04日(日)

    ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

    ファン・ゴッホ(1853-1890)と日本の関係に焦点をあてた展覧会。ファン・ゴッホが日本に関する文献や浮世絵を通して思い描いた理想郷としての〈日本〉と、日本の芸術家や知識人による聖地オーヴェール巡礼を通して築かれた〈ゴッホ〉という夢の交差をひも解き、今もなお絶大な人気を誇る画家の魅力を紹介します。あわせてコレクション・ギャラリーでは京都限定企画として、大阪を拠点に活躍する現代美術家・森村泰昌によるファン・ゴッホ関連作品を展示します。
    京都国立近代美術館公式HP
    〒606-8344   京都市左京区岡崎円勝寺町    
    TEL:075-761-4111
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    第五幕 応挙は雪松、呉春は白梅。
    2018年01月20日(土) ~ 2018年03月11日(日)

    第五幕 応挙は雪松、呉春は白梅。

    逸翁美術館公式HP
    〒563-0058  池田市栄本町12-27  
    TEL:072-751-3865
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    没後50年 藤田嗣治 本のしごと
    2018年01月13日(土) ~ 2018年02月25日(日)

    没後50年 藤田嗣治 本のしごと

    文字を装う絵の世界

    藤田嗣治 1928年頃 撮影:アンドレ・ケルテス ullstein bild / Uniphoto Press

    2018(平成30)年は藤田嗣治の没後50年にあたります。これを記念して西宮市大谷記念美術館では、藤田の画業の中でも挿絵を中心に紹介する展覧会を開催いたします。
    本展では戦前のフランスで発行された藤田の挿絵本、1930年代から40年代の日本での出版に関わる仕事、1950(昭和25)年フランスに移住した後の大型豪華本の挿絵などの「本のしごと」を中心に、絵画や版画といった「絵のしごと」、さらには藤田が友人に送ったハガキや絵手紙、手作りのおもちゃ、陶芸作品なども同時に展示し、藤田の幅広い制作活動を紹介いたします。
    西宮市大谷記念美術館公式HP
    〒662-0952  西宮市中浜町4-38      
    TEL:0798-33-0164
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    コレクション2 しかめっつら ドーミエ流パリっ子図鑑
    2018年01月13日(土) ~ 2018年02月25日(日)

    コレクション2 しかめっつら ドーミエ流パリっ子図鑑

    伊丹市立美術館公式HP
    〒664-0895   伊丹市宮ノ前2-5-20       
    TEL:072-772-7447
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    ミニギャラリー 古代の表現と考古スケッチの魅力
    2018年01月10日(水) ~ 2018年01月27日(土)

    ミニギャラリー 古代の表現と考古スケッチの魅力

    大阪府立弥生文化博物館公式HP
    〒594-0083 和泉市池上町4-8-27  
    TEL:0725-46-2162
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    第14回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~
    2018年01月06日(土) ~ 2018年01月28日(日)

    第14回滋賀県施設・学校合同企画展 ing… ~障害のある人の進行形~

    ボーダレス・アートミュージアムNO-MA公式HP
    〒523-0849  滋賀県近江八幡市永原町上16  
    TEL:0748-46-8100 
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    中国の神々と神獣 -拓本と青銅鏡-
    2018年01月05日(金) ~ 2018年01月28日(日)

    中国の神々と神獣 -拓本と青銅鏡-

    和泉市久保惣記念美術館公式HP
    〒594-1156   和泉市内田町3-6-12   
    TEL:0725-54-0001
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    開館20周年記念展 細見コレクションの江戸絵画 はじまりは、伊藤若冲
    2018年01月03日(水) ~ 2018年02月25日(日)

    開館20周年記念展 細見コレクションの江戸絵画 はじまりは、伊藤若冲

    京都・岡崎の地に開館して20年。平成10年(1998)以来、細見美術館は日本美術の魅力を多面的に発信し続けてきました。なかでも「若冲」と抱一・其一を中心とする「江戸琳派」は多くの方に熱いご支持をいただき、今や細見コレクション、ひいては日本美術を象徴するジャンルに昇華したといえましょう。

     開館20年を記念するこのたびの展覧会では、美術館とともに歩んできた彼らの作品を続けてご覧いただき、併せて江戸時代絵画の豊潤な世界を改めてお伝えしたいと思います。第1弾は「細見コレクションの江戸絵画 はじまりは、伊藤若冲」展。皆様に感謝を込めて、細見美術館が贈る美の祝宴をどうぞお楽しみください。
    細見美術館公式HP
    〒606-8342   京都市左京区岡崎最勝寺町6-3  
    TEL:075-752-5555
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    アトリエの夢―かじ・おっと・みよし
    2017年12月24日(日) ~ 2018年03月25日(日)

    アトリエの夢―かじ・おっと・みよし

    西脇市岡之山美術館公式HP
    〒677-0039  兵庫県西脇市上比延町345-1 
    TEL: 0795-23-6223
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    伝統の技、革新の表現ー堺の竹工芸ー
    2017年12月23日(土) ~ 2018年01月28日(日)

    伝統の技、革新の表現ー堺の竹工芸ー

    さかい利晶の杜公式HP
    〒590-0958  大阪府堺市堺区宿院町西2丁1番1号 
    TEL:072-260-4386
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    唐代胡人俑
    2017年12月16日(土) ~ 2018年03月25日(日)

    唐代胡人俑

    シルクロードを駆けた夢

    大阪市立東洋陶磁美術館公式HP
    〒530-0005 大阪市北区中之島1-1-26       
    TEL:06-6223-0055
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    没後40年 濱田庄司展
    2017年12月16日(土) ~ 2018年04月08日(日)

    没後40年 濱田庄司展

    山本爲三郎コレクションより

    アサヒビール大山崎山荘美術館公式HP
    〒618-0071 乙訓郡大山崎町銭原5-3   
    TEL:075-957-3123
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    近代日本の道徳教育
    2017年12月16日(土) ~ 2018年04月15日(日)

    近代日本の道徳教育

    京都市学校歴史博物館公式HP
    〒600-8044   京都市下京区御幸町通仏光寺下る橘町437   
    TEL:075-344-1305
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて
    2017年12月14日(木) ~ 2018年03月17日(土)

    ウィム・クロウエル グリッドに魅せられて

    dddギャラリーの展覧会HP
    http://www.dnp.co.jp/CGI/gallery/schedule/detail.cgi?l=1&t=2&seq=00000714
    京都dddギャラリー公式HP
    〒616-8533  京都府京都市右京区太秦上刑部町10  
    TEL:075 871 1480
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    ひょうごの古陶めぐり-瀬戸内・淡路-
    2017年12月09日(土) ~ 2018年02月18日(日)

    ひょうごの古陶めぐり-瀬戸内・淡路-

    兵庫陶芸美術館は、財団法人兵庫県陶芸館から寄贈を受けた、兵庫県内のやきものを中心とした、901件の「田中寛コレクション」を母体として始まりました。その後、県内産を中心とした古陶磁から世界各国の現代陶芸まで幅広く収集し、現在では収蔵品は、2,126件を数えるまでになりました。
     収蔵コレクションをみると、当館が位置する丹波焼(篠山市)はもちろんのこと、近年は兵庫県南部の「瀬戸内」や「淡路」で作られたやきものも充実してきました。この地域では、近世後期には、舞子焼(神戸市)や明石焼(明石市)、東山焼(姫路市)、珉平焼(南あわじ市)などの窯場が誕生し、個性溢れるさまざまなやきものが作られました。
     また、近代になると、やきもの作りは明治政府の殖産興業の一環として位置付けられ、神陶会社(神戸市)、永世舎(姫路市)、淡陶社(南あわじ市)などで、華やかな色絵磁器を中心として、海外向けのやきものも製作されました。さらには、内国勧業博覧会へ意欲的に出品し、高い評価を得た赤穂焼(赤穂市)なども知られています。
     本展では、瀬戸内・淡路の各地で作られた、江戸時代後期から大正時代にかけてのやきものを、多数の新収蔵のコレクションを中心に96件紹介します。国内はもとより、海外へも羽ばたいた兵庫のやきものをお楽しみ下さい。
    兵庫陶芸美術館公式HP
    〒669-2135  兵庫県篠山市今田町上立杭4  
    TEL:079-597-3961
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    〈ケベック・バンド・デシネ〉を知っていますか?
    2017年12月09日(土) ~ 2018年02月13日(火)

    〈ケベック・バンド・デシネ〉を知っていますか?

    25の足跡と7人の作家から

    京都国際マンガミュージアム公式HP
    〒604-0846   京都市中京区烏丸通御池上ル (元龍池小学校) (京都市中京区金吹町 452)  
    TEL:075-254-7414
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    ジブリの立体建造物展
    2017年12月02日(土) ~ 2018年02月05日(月)

    ジブリの立体建造物展

    あべのハルカス美術館公式HP
    〒545-6016   大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16階   
    TEL:06-4399-9050
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    おいしい名画
    2017年12月01日(金) ~ 2018年03月18日(日)

    おいしい名画

    名画の中の食卓

    大塚国際美術館公式HP
    〒772-0053  徳島県鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65-1 
    TEL:088-687-3737 
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    ニッポンの写実 そっくりの魔力
    2017年11月23日(木) ~ 2018年01月14日(日)このイベントは終了いたしました

    ニッポンの写実 そっくりの魔力

     何かにそっくりなものを目にしたとき、私たちは「すごい!これ、本物?」と、素朴なおどろきをおぼえます。本物とみまがうばかりの表現は、古今東西を問わず人々を惹きつけ、作家たちは迫真的な表現を追求してきました。
     写真をはじめとするテクノロジーの発達によって、誰もが手軽に目の前のものを写し取ることができるようになった現代においても、本物そっくりに表現するという課題は解決したわけではありません。多種多様な表現で作り出された本物「そっくり」な作品には、対象の本質に迫ろうとする作り手の意識と、見るものを「そっくり」だと驚かせる、創造という行為の根源的なテーマが存在しています。
     本展では、「本物そっくり」な表現に注目し、明治期の西洋画に刺激を受けた近代洋画から大正リアリズム、フォトリアリズムをへて現代へといたる写実的絵画、近年超絶技巧として注目を集める精緻な工芸や彫刻作品、そして映像作品などを含む多種多様な約80点の作品を通じて、私たちを魅了する「そっくり」のイメージの本質に迫ります。
    奈良県立美術館公式HP
    〒630-8213  奈良市登大路町10-6  
    TEL:0742-23-3968
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    生誕150年記念 藤島武二展
    2017年11月18日(土) ~ 2018年01月28日(日)

    生誕150年記念 藤島武二展

    開館25周年を記念し、近代洋画の巨匠として知られる藤島武二(1867-1943)の回顧展覧会を開催します。
     藤島武二は、鹿児島に生まれ、当初日本画を学んだ後、西洋画を勉強するために上京します。1896年に、黒田清輝の推薦で東京美術学校西洋画科の助教授に就任。さらに、1905年から1910年にかけての渡欧後は、白馬会や文展、帝展を舞台に話題作を発表すると同時に、東京美術学校教授という、アカデミズムの柱石として多くの後進を育てました。
     また、その豪快な作風や魅力的な人柄から弟子たちに慕われ、藤島教室に学んだ小磯良平ら、次世代の画家たちに多大な影響を与えました。あわせて、二度にわたる皇室からの制作依頼、第1回文化勲章の受章など、我が国を代表する洋画家として活躍します。藤島は、太平洋戦争さ中の1943年に惜しまれつつ他界しますが、初期の明治浪漫主義の装飾的な女性像、留学時代の簡潔な人物画や風景画、転換期の典雅な横顔の美人画、晩年の抽象絵画に接近した力強い風景画など、その作風は常に新鮮な雰囲気に満ちあふれています。
     本展では、初期から晩年に至る藤島の油彩画を中心に、素描画、日本画、グラフィックデザイン資料、さらに藤島と関係の深い黒田清輝や、留学時代の恩師であるフェルナン・コルモンらの作品を加えた、約150点を紹介いたします。魅力あふれる藤島武二の芸術世界をどうぞお楽しみください。
    神戸市立小磯記念美術館公式HP
    〒658‐0032   神戸市東灘区向洋町中5丁目7 
    TEL:078‐857‐5880 
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    神戸港コレクション
    2017年11月18日(土) ~ 2018年02月18日(日)

    神戸港コレクション

    よみがえった戦後風景

    神戸ゆかりの美術館公式HP
    〒658-0032   神戸市東灘区向洋町中2-9-1  (神戸ファッション美術館1F)   
    TEL:078-858-1520
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    神戸からの時空―アートの旅人たち
    2017年11月14日(火) ~ 2018年02月04日(日)

    神戸からの時空―アートの旅人たち

    BBプラザ美術館公式HP
    〒657-0845  神戸市灘区岩屋中町4-2-7  BBプラザ2F      
    TEL:078-802-9286
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    図案のすすめ ミュシャとデザイン
    2017年11月11日(土) ~ 2018年03月11日(日)

    図案のすすめ ミュシャとデザイン

    アール・ヌーヴォーが頂点を迎えていた1900年の第5回パリ万国博覧会を通じて装飾、デザインの分野でも地位を確立したアルフォンス・ミュシャは『装飾資料集』に自らの装飾デザインを収録し、アイデアの集大成を人々に開放します。一方、パリ万国博覧会を機に渡欧していた洋画家の浅井忠は図案の重要性に気づき、帰国後は京都高等工芸学校で図案教育を指導し、教材としてミュシャの『装飾資料集』も活用していました。本展覧会ではミュシャの『装飾資料集』と共に、浅井忠の図案や京都高等工芸学校で展開された図案教育をご紹介します。
    堺市立文化館内 堺 アルフォンス・ミュシャ館公式HP
    〒590-0014  堺市堺区田出井町1-2-200 ベルマージュ堺弐番館 
    TEL:072-222-5533
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション
    2017年10月28日(土) ~ 2018年02月04日(日)

    ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション

    世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要なコレクションからえりすぐった、珠玉の80点を紹介します。同館のコレクションによる展覧会はこれまでも繰り返し開催されてきましたが、幅広い内容を総合的にご覧いただく展覧会は、日本では約40年ぶりとなります。1876年に開館したボストン美術館は、国や州の財政的援助を受けずにコレクションの拡充を続け、現在は世界有数となる約50万点の作品を所蔵しています。本展は、この素晴らしいコレクションの形成に寄与したコレクターやスポンサーの活動にも光を当てます。古代エジプト美術、中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術と、東西の名品の数々を堪能できる本展にどうぞご期待ください。
    神戸市立博物館公式HP
    〒650-0034   神戸市中央区京町24      
    TEL:078-391-0035
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》
    2017年10月14日(土) ~ 2018年01月21日(日)

    ディズニー・アート展 《いのちを吹き込む魔法》

    大阪市立美術館
    〒543-0063   大阪市天王寺区茶臼山町1-82  
    TEL:06-4301-7285
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    白髪一雄記念室 第10回展示「寄贈・寄託作品選」
    2017年10月07日(土) ~ 2018年03月18日(日)

    白髪一雄記念室 第10回展示「寄贈・寄託作品選」

    尼崎市総合文化センター 白髪一雄記念室
    〒660-0881  兵庫県尼崎市昭和通2丁目7-16 
    TEL:06-6487-0806
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち
    2017年10月03日(火) ~ 2018年01月14日(日)このイベントは終了いたしました

    大エルミタージュ美術館展 オールドマスター 西洋絵画の巨匠たち

    女帝エカテリーナ2世がその礎を築き、世界3大美術館の1つとして知られるエルミタージュ美術館。
    ここに収められたコレクションの総数はおよそ310万点で、そのうち絵画だけでも1万7千点ほど占めています。
    本展覧会では、その中でも17、18世紀バロック、ロココの時代に活躍した「オールドマスター」の絵画85点をご紹介。
    兵庫県立美術館公式HP
    〒651-0073   神戸市中央区脇浜海岸通1-1-1  
    TEL:078-262-0901
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    生きものとアートにふれる展
    2017年09月14日(木) ~ 2018年03月04日(日)

    生きものとアートにふれる展

    ニフレル公式HP
    〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル 
    TEL:0570-022-060
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    三彩の俑たち 唐王朝のたたずまい
    2017年09月07日(木) ~ 2018年03月13日(火)

    三彩の俑たち 唐王朝のたたずまい

    古代鏡展示館公式HP
    〒679-0106 兵庫県加西市豊倉町飯森1282-1(兵庫県立フラワーセンター内) 
    TEL:0790-47-2212
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    いにし絵てがみ
    2017年07月20日(木) ~ 2018年02月28日(水)

    いにし絵てがみ

    大阪府立弥生文化博物館
    〒594-0083   和泉市池上町4-8-27     
    TEL:0725-46-2162
  • 画像をクリックすると
    チラシ(PDF)が開きます
    2017年度18期 伊丹ジュエリーカレッジ
    2017年04月01日(土) ~ 2018年03月31日(土)

    2017年度18期 伊丹ジュエリーカレッジ

    伊丹市立 工芸センター公式HP
    〒664-0895  兵庫県伊丹市宮ノ前2丁目5番28号 
    TEL:072-772-5557