スマートフォンサイトへ

おすすめ展覧会情報
関西の美術館・博物館の展覧会の予定を確認できます。
コトちゃん、ハジメくん

開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)

2017年04月11日(火) ~ 2017年05月21日(日)
お得なクーポンチケット
<?= $event[COL_ARTHAJIME_EVENT_NAME]; ?>

海北友松(1533-1615)は、狩野永徳や長谷川等伯と並び称される桃山画壇の巨匠です。

近江の戦国大名・浅井家に仕え、「家中第一の剛の者」とうたわれた綱親を父に持つ友松でしたが、その父や兄を戦で次々と失う中、武門の再興を夢見ながらも、刀を絵筆に持ち替えて戦国の世を生き抜きます。

武士の気概と絵師の誇りをあわせ持った友松は、やがて独自の画境を拓き、京都の名だたる寺院を舞台にその才能を花開かせ、天皇や宮家のために筆をふるいました。

本展では代表作はもとより、数少ない初期作や新発見・初公開作品、さらに諸人との幅広い交流の跡を物語る書状や文書類など70余件を展示。今年、開館120周年を迎えた京都国立博物館の節目の年に、この誇り高き孤高の絵師・海北友松の史上最大規模の大回顧展を開催し、知られざる生涯と画業の全貌をご紹介いたします。[公式サイトより」
詳細をPDFで確認公式HPでチェック

京都国立博物館

〒605-0931 京都市東山区茶屋町527  
TEL:075-525-2473
みどころ
[開館120周年記念特別展覧会 海北友松(かいほうゆうしょう)]の感想・口コミ
2017年04月23日
投稿者:パーマネント
刀で斬ったような墨の流れが見事です。
天空を駆ける龍のスピード感をぜひ見てください。
2017年04月16日
投稿者:シャーネコ
網干を描いた作品は、琳派にもつながっていきそうな、かっこよさがあった。様々な作風に挑戦し、絵を描くことが生きることであった作家の1人と感じた。
2017年04月14日
投稿者:luiselico
今年のベストに必ず入る特別展です。
永徳や等伯と同じ時代を生きながら、
全く違った生き方をした孤高の絵師ですね。
還暦を過ぎてから世に認められ、圧巻の筆遣いに・・・
3階2階1階と降りるごとに画風が違って
場面展開の様でそれも面白い。
友松の生涯を辿る展覧会です。
交流関係に鍵がありそうです。
京都の桜もまだまだ間に合いそうです。
2017年04月11日
投稿者:るるる
迫力のある龍に大興奮です!
人が多くゆっくり見られなかったので、会期中にあと一回は行きたい。。
2017年03月01日
投稿者:楽しみです
チラシを見ただけで既に面白そうです。
絶対に観に行きます!!!

あなたのおすすめする展覧会のみどころや、ご感想をお寄せ下さい

ニックネーム
メールアドレス ※メールアドレスは、公開されません
感想
感想ありがとうございました。
こちらで確認させていただき、その後アップいたします。
しばらくおまちください。